「盆栽入門 群 境介」は初心者向けに最適な盆栽教科書 - アマゾンミニ盆栽通販

メインinfo用

メインinfo用エリア

株式投資の入門書紹介

「盆栽入門 群 境介」は初心者向けに最適な盆栽教科書

盆栽を始めた、あるいは盆栽を始めたいと思って教科書を探すとします。
私も結構買いました。
しかし、どれも帯に短し、たすきに長しといった感じになります。

まずは、取り扱っている樹種の数と1樹種当たりの解説量の関係があります。
ある程度の種類を扱っていないと、不便ですし、種類が多すぎると、1樹種当たりの解説部分が少なくなります。
この場合、初心者に限定すれば、あまり数を扱われても困ることになりますので、
むしろ、主要な樹種をはずさずに、樹種を絞り込んである方が便利です。

また、いわゆる盆栽から、コケ玉や、草なども扱っているのもありますが、盆栽に絞った本がいいでしょう。
最初の話と同じで、範囲が広すぎると、一つ一つの解説が少なくて、結局役に立ちません。

私が購入した盆栽の解説書は10冊以上になりますが、最も使用頻度が高いのがこの「盆栽入門 群 堺介」です。

ただし、すでに盆栽が手元にあって、それを知りたいと思いますので、扱っている樹種を列挙します。

花物:梅、エゴノキ、オウバイ、コチョウギ、桜、さつき、サルスベリ、長寿梅、ノイバラ、ハギ、ボケ、レンギョウ
実物:ウメモドキ、カマツカ、かりん、グミ、ザイフリボク、サクランボ、サンザシ、ニシキギ、ヒメリンゴ、ピラカンサ、マユミ、ミヤマカイドウ・ハナカイドウ、ロウヤガキ、サネガズラ、ウグイスカズラ、メギ
雑木:イチョウ、エノキ、カエデ、ケヤキ、ソロ、ハゼノキ、ハルニレ、ヒメシャラ、ブナ、モミジ
松柏:アカマツ、クロマツ、ゴヨウマツ、シンパク、スギ、トショウ

このほか草もの、そのほかの盆栽もありますが、上に示した樹種は最低2ページを使っていますが、それ以外は半ページとかですので、あってもあまり使えません。

なお、主要樹種の中で、他の本も同じですが、桜の剪定はこの本ではうまく行きません。
桜だけはこちらが参考になります。
http://nagisa69999.seesaa.net/article/265615637.html

それと、上に示した中でも樹種によってはページ数が多いのもあります。
3ページ:カマツカ、かりん、ロウヤガキ、ブナ、クロマツ、ゴヨウマツ
4ページ:長寿梅、ケヤキ、ソロほか(アカシデ、イヌシデ、イワシデ、クマシデ)、シンパク
5ページ:モミジ
6ページ:カエデ

こんなところです。
やはりページ数が多いほうが断然わかりやすいです。
写真や図解が豊富なところも、盆栽造りの参考になります。






初心者にもわかる盆栽の育て方

今、必要なお手入れ、育て方をメールでお届けします。
メールを読むだけで、立派な盆栽に育てることができます。


登録は簡単です。こちらをクリック 

        ↓↓↓

盆栽メールバナー-4.jpg





盆栽目次


梅、さくら、五葉松、もみじ、さつきの育て方、剪定法、年間のお手入れスケジュールなどはこちら。




藤田茂男の流儀 〜盆栽上達法〜

盆栽を簡単に習ってみたいと思ったら




アマゾンミニ盆栽通販

盆栽の入手ならこちら。











盆栽の推薦書カテゴリの最新記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Copyright © アマゾンミニ盆栽通販 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート